東京紅型染めの麻生工房

染めの工程

麻生工房 紅型染め工程

図案、型

1.図案作成

  • デッサン
  • 構想・下絵 ― 美濃紙に描き、墨入れ
  • 型地紙(柿渋を使って鷲を貼り合わせた物)に図案を写し取る

2.型紙作成

  • 型彫り ― 刀で型地紙に柄を掘り抜く
  • 裏打ち ― 型紙のつなぎを取る
  • 紗張り ― 彫り上がった型紙に絹紗を漆(うるし)で接着する

kata完成した型紙

sakuradaicyou桜大蝶柄(七五三用)

染色工程

1.糊型置

  • 型付板(縦の1枚板、長板。幅45~50cm、長さ7m、樅の木の一枚板)に敷糊(もち米だけの糊で、生地を板に貼るための糊)を引いておく
  • 地張り ― 湯通しした生地を型付板に貼りつける
  • 糊型置 ― 型紙を生地の上に乗せ、型へらで糊(もち米、糠などつくる防染の役目をする)を置いて図柄を出す

jibari地張り

norioki糊置き

noriokishitaita糊置きした白生地

2.色挿し

  • 色挿し ― 顔料を小刷毛で着色する(塗り分け、くまどり、ぼかし等)

irosashi色挿し

3.蒸し

  • 顔料を定着させるため、天日乾燥又は蒸し箱で蒸す

4.水元

  • 防染糊の役目が済んだので、糊と余分な顔料を洗い流す

5.仕上げ

  • 湯のし・幅出し(縮んだ生地を伸ばす)、生理、模様の手直し

sakuradaicyou1

白地の物の仕上がり

もし、地色をつけるとすると・・・

地付のもの

tebuse

6.糊伏せ

  • 手伏せ ― 色挿しした部分など、防染したいところを再び糊で伏せる

fuse

7.地染め

  • 地入れ ― 染料定着の前処理として豆汁を塗る
  • 地染め ― 化学染料・植物染料などを刷毛で全体に引染する

hikizome

8.蒸し

  • 染料を定着させるために再び蒸す

9.水元

  • 糊と余分な色を洗い流す

10.仕上げ

  • 湯のし、幅出し、整理、模様の手直し

地付の物の仕上がり

PAGETOP